So-net無料ブログ作成
スケートボード ブログトップ

東京都中野区にスケートスポット [スケートボード]

中野区役所前にスケートボードパーク


2016年1月17日に東京都中野区の中野区役所玄関前広場が1日限りのスケートボードパークとしてイベントが行われました。

中野区は2015年10月にJR中野駅周辺の再開発のため、中野駅北口暫定広場が閉鎖。代わりに中野区役所前花壇が整備され、色々なイベントで利用されてきました。
整備が行われた10月末にも中野文化祭のアニソンDJイベントが開催され話題となり、スケートパークとしては現在、毎月1回のペースで利用されています。

1月17日に開かれたスケートボードスクールには40組もの家族、約50名の子供たちが参加しました。
それぞれ初心者と経験者に分かれ、スケートボードに乗る練習からセクションを利用した乗り方などを教えてもらい、スケートボードを楽しんだようです。
スタッフはスケートボードショップ「FATBROS.」を営み同協会会長も務める萩原明則さんを中心に、ボランティアで参加している地元のローカルスケーターやプロスケーターが支えており、スケートボード業界の活性化に努めています。

みんなでスケートを楽しめる場所を作っていきましょう


2020年東京五輪の追加種目候補にスケートボードが挙げられたことで、業界は盛り上がり、スケートボードを始めたいという人も増えている中、スケートボード施設の不足が問題になっています。
中野区でも同様にスケートボード禁止エリアが多く、なかなかできる場所が無かったこともあり、この月1回のスケートボードイベントにみなさん参加されているのではないでしょうか。

こういった場所やイベントは大切にしていきたいです。これから先もスケートボードをみんなで楽しめる施設や場所を作っていけるよう努力が必要だと思います。

今後のスケートボードイベントの予定
・2016年2月21日予定
・2016年3月13日予定

中野スケートボード協会
http://nakano-sk8.tokyo

1度は行きたい!南国ムードたっぷりのスケートパーク [スケートボード]

ドバイに湾岸最大のスケートパーク完成


サーフィン・カイトサーフィン・スノーボード・ゴルフ・モータースポーツ・ダイビングなど様々なアクティビティを楽しめる楽園ドバイ。
世界最大となる屋内ゲレンデが建設されたときも、大きな話題を集めていました。
やはりXスポーツの人気は高いです。

ドバイ,世界最大の屋内ゲレンデ,スノーボード

そして今度は湾岸6カ国最大となるスケートボードパーク「エックス・ドバイ・スケートパーク(X Dubai Skatepark)」が建設されています。

ドバイ,エックス・ドバイ・スケートパーク,湾岸最大スケートパーク

デザインを手がけているのはオーストラリアの「Convic社」で、上海にギネス記録となる世界最大のスケートパークの建設や、西オーストラリアのフリーマントルに建設したスケートパークでは2014年オーストラリア都市デザイン賞を受賞しています。

そしてこの「エックス・ドバイ・スケートパーク」はドバイの公共ビーチの1つであるカイト・ビーチに建設されており、パーク内には40本のヤシの木が周囲を囲み、まさに南国スケートパークといった雰囲気。
プロスケーターも注目しているこのスケートパークの完成が楽しみです。
世界のプロスケーターが集まり、イベントなどの開催も期待されます。
是非、1度は行ってみたいですね。

 

バック・トゥ・ザ・フューチャーの「あのアイテム」が現実に [スケートボード]

ついにあのホーバーボードが一般市場に


大ヒット映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主人公が劇中で乗っていた宙に浮くスケートボード「ホバーボード」
若い世代では映画もあまり知らない方が多いかもしれませんが、当時映画を観ていた人々はあの「ホバーボード」を見て衝撃が走ったのではないでしょうか。
「こんな未来が来るのはいつの日だろう」と、みんなそう思っていたに違いありません。
その「こんな未来」がついに来ました!

アメリカの宇宙航空関連企業「ARCA Space Corporation」が開発したホバーボード「ARCA Board」です。 強力な電動ファンの回転によりボードが浮上、重心移動により操作ができます。かなり機械的な構造のホバーボードですね。
価格は1万9000ドル。日本円で約230万円。
あの憧れのホバーボードが手に入れられるならこの金額は安いのでしょうか。

トヨタ自動車のレクサスも同じくホバーボードの開発をしており、すでに公開されたレクサスのCMでもプロスケーターのロス・マクグランがテストライダーを務め、ホバーボード用の特設パークを設置して行われました。
ブリッジ状のコンクリートの間をレクサスの車両が通過するタイミングで真上をホバーボードが飛び越えるという映像で世間の注目を浴びていました。

「ARCA BOARD」VS「LEXUSホバーボード」


しかしこの2つのホバーボードは異なる技術を使用しており、形状も大きく違います。

[新月]?ARCA BOARD
「ARCA BOARD」は強力な電動ダクトファンを36個搭載し、ファンを回転させ272馬力のパワーで浮上させます。ボードの重量は約82kgで、地上から30cmほどの高さまで浮上し持続時間は6分間。110kgまでの人や動物を乗せて移動が可能ということで、かなりのパワーです。

ARCA BOARD,ホバーボード

充電時間は6時間。バッテリーチャージャー使用で35分でフル充電が完了できます。
操作は重心移動によって、傾斜を変えながら移動ができ、スタビライズシステムを搭載で安定感もある。さらにスマートフォンと接続させることで飛行方向をナビゲーションすることもできます。アスファルトや水上などあらゆる地形での使用が可能です。

ARCA BOARD,ホバーボード ARCA BOARD,ホバーボード

?

[新月]?LEXUSホバーボード
一方、「LEXUSホバーボード」は低温保持装置を2つ備えており、その中で超電導体が液体窒素によりマイナス197度に冷却され、永久磁石のレールの上に置かれることで、浮上する。

LEXUSホバーボード,レクサスLEXUSホバーボード,レクサス

「レールの磁場がホバーボードの超電導体の中に「凍結」されることで、ボードとレールの間に一定の距離が保持され、浮くことができる。この力は、ホバーボード上で人が立ったりジャンプしたりできるほど強いものということです。

LEXUSホバーボード,レクサス

?

この2つのホバーボードを比較すると、「ARCA BOARD」行動範囲も限定されずに地形も選びませんが、「LEXUSホバーボード」は浮上させるにあたり、永久磁石の上でなければならないため行動範囲が限定されてしまいます。
「LEXUSホバーボード」は販売予定はありませんが、安全性・機能性がどちらが上なのかは正直わかりません。
ホバーボードの形状は「ARCA BOARD」はブロック形状で多くの方が想像するホバーボードのイメージとは異なり、「LEXUSホバーボード」の方がスタイリッシュで、皆さんのホバーボードのイメージに合うのではないでしょうか。

これからもっと研究・開発が進み、ホバーボードが進化していくことを楽しみにしています。

?

こしがや産業フェスタ2015でスケートボードイベント開催! [スケートボード]

KOSIGAYA SKATE JAM開催!


埼玉県越谷市で商業、農業、工業が一堂に会するイベント「こしがや産業フェスタ」が開催されます。
そして今回はなんとこの市が開催するイベントにスケートボードも参加します!
他にもキッズダンスBMXも路上イベントとして開催される予定になっています。

kosigaya skate jam,こしがや産業フェスタ

「こしがや産業フェスタ」は


・商工ゾーン
物販やサービス業、伝統的手工芸品などの展示、即売。だるまの顔焼き(100円)、桐箱の組み立て(300円)の体験コーナーや、市内団体による太鼓やダンス、こしがや認定ブランドクイズなどを開催。

・農業ゾーン
市内の農業者が生産した自慢の農産物の即売会。

・ビジネスゾーン
落語家の立川吉幸師匠の「落語から学ぶビジネスと笑い」講座。ロボットのブレイクダンスショーやサッカーやバトルが体験出来るロボット遊園地。

・屋外
こしがや産業フェスタ名物、直径2メートルの大鍋で作る5000人分のこしがや鴨ネギ鍋の提供。

その他も様々なブースが並んでおり、楽しめるイベントになっています。
特に今回は他の産業祭ではあまりない「スケートボード」のイベントが参加するとあって、スケートボードのイメージアップのチャンスになると思うのでみなさんでイベントを盛り上げていってほしいですね。

・日程
平成27年11月28日 10時〜16時
平成27年11月29日 10時〜15時

・会場
越谷市総合体育館及びその周辺
入場無料

詳細は越谷市ホームページにて
https://www.city.koshigaya.saitama.jp/kanko/zenpanannai/sangyofesta2015.html

スノーボードブランド「ROME SDS」スケートボードツアー [スケートボード]

「ROME SDS」kids on shred tour 2015


人気スノーボードブランドのRomeSDS Japanチームによるスケートボードツアー
"Kids On Shred Tour 2015"が来週11/13(金)からスタート。

image
ツアーは13日は大阪府の原池公園スケートボードパーク、深北緑地公園スケートパーク、スポタカスケートボードパーク。
14日は徳島県に移動し、鳴門ウチノ海スケートパーク、gi:k’s party 「Heart Films 徳島試写会@アジト」
最終日15日は阿南スケートパークまで回る予定です。

各スポットでROME SDSライダーに声をかければステッカーがもらえます!
お近くにお住まいのスノーボーダーの皆さん、スノーボードシーズンインする前にライダー達とスケートパークセッションはいかがでしょうか?

【ツアー日程】


◎11月13日(金)
大阪府  原池公園スケートボードパーク am11:00頃より
大阪府  深北緑地公園スケートパーク pm15:00頃より
大阪府  SPOTAKA SKATEBOARD PARK pm19:00頃より
◎11月14日(土)
徳島県  鳴門ウチノ海スケートパーク pm13:00頃より
徳島県  gi:k’s party 「Heart Films 徳島試写会@アジト」 pm20:00頃より
◎11月15日(日)
徳島県  阿南スケートパーク pm13:00頃より

*各地のスケートパークの訪問時間につきましては、およそ1~3時間となります。
*交通事情、天候などの諸事情により、急に予定変更される場合もございます。

【ツアーメンバー】
小西隆文, 伊藤直樹, 荒木直子, 河合徹子, 中原 淳, 山本祐士, 橋本 涼, 小嶋大輔 and 太田宜孝

 

東京オリンピック種目追加候補でメディアも注目スケートボード [スケートボード]

マツコがムラサキパークに!!


2020年東京オリンピックの追加種目候補にスケートボードが挙げられたことにより、スケートボード人気が上がってきているのは明確ですね。


10月30日に放送されたマツコデラックスの番組「夜の巷を徘徊する」で足立区のアメージングスクエア ムラサキパークがフューチャーされました。マツコデラックスとムラサキスポーツのスタッフとの絡みが面白すぎました。


読売新聞にも掲載


image


さらには先日読売新聞でAJSA全日本アマチュア選手権とバーチカルコンテストなとが掲載され、メディアにも取り上げられるようになりスケートボード界にとっても大変嬉しいニュースです。



みんなでパークを作ろう!


この事でさらに一般の方々に「良いイメージ」でスケートボードを身近に感じられるようになっていってほしいですね。その為にもスケートボードが禁止されている場所、路上で乗る行為を止めていかなければなかなか難しい事だと思います。でも近場にスケートボードが出来る施設や環境がなければやっちゃいますよね。たぶん私もやっちゃうと思います。


これからスケートボードの人口が増えていくことで自然とスケートボード施設の建設の声が多くなってきます。今現在スケートボード施設や出来る環境が整っていない地区はまだまだ多いですからね。東京オリンピック追加種目候補に挙がったことで各市区町村のスケートボード施設建設の認可は取りやすくなるはずです。環境が整えば公園や路上などよりも良い環境でスケートボードが楽しめるようになります。少し時間はかかりますがスケートボード施設建設の署名などをみんなで協力していきましょう。


横浜・山下ふ頭にスケートボードパーク建設 [スケートボード]

山下公園となりにスケートボードパーク・スポーツクライミング施設建設計画


国際スケートボード連盟(ISF)のリーム会長は14日、同競技の4種目が2020年東京五輪の追加種目として大会組織委員会から国際オリンピック委員会(IOC)に提案されたことについて「スケートボードは若者のスポーツ文化やライフスタイルの象徴で、競技性が高く、芸術性もある。IOCにも認めてもらえると100%の自信を持っている」と述べた。

同会長は今後の課題にIOCの承認団体入りを挙げ、IOCと協議していると説明した。スケートボード界の一部では五輪参加に反対する声もあるが、北米を中心に人気の「夏季Xゲーム」に採用される際も反対が強かったとし「こうした動きがなければむしろ残念。若者の情熱や文化を表している」と理解を示した。
(日刊スポーツより抜粋)

2020年東京オリンピックの追加提案に挙げられたスケートボードとスポーツクライミングの開催を、現在再開発計画中の山下ふ頭で行うプランを立てている。


東京オリンピックは5年後、果たして今から新たなプランを立ち上げたとしても間に合うのかどうかは疑問に思う。
しかし、横浜や横浜周辺のスケーターからしてみれば東京オリンピックに間に合わないとしても山下ふ頭にスケートボード、その他ローラースポーツが出来る施設が建設されることは大変嬉しいことだと思う。
まあ横浜市としては東京オリンピックの波に乗り、施設も充実させ、オリンピック競技種目の競技場所となればかなりの人出が見込める。スケーターに新しいパーク施設を提供することよりも、横浜という地域を世界に宣伝する絶好の機会になるというのが本音なのかもしれませんが。
今の所の計画としてドーム球場、カジノ、大型ホテル、ショッピングモールの建設が検討されています。

山下ふ頭に隣接し、将来は遊歩道で結ばれる予定の山下公園は、もともとスケートスポットとしてスケーターが多く集まり賑わっていたが、ベンチや手すりなどをアイテム化していた影響で公園施設の被害が問題になり、現在は公園内でのローラースポーツは禁止されている。
山下ふ頭に建設予定のパークが完成し、五輪後も使用できる状況になれば、スケーターで賑わってくることは間違いない。

何はともあれ、日本でオリンピックが開催されることは非常に嬉しいことですし、スケートボードやスポーツクライミングの追加種目が正式採用されれば、国内の競技人工も必然的に増え、ローラースポーツ施設、ボルダリングなどの施設も人気とともにどんどん造られていくと思いますので、それも非常に嬉しいことです。
スケートボード ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。